風水占いにみる科学的な一面

風水占いは今はすっかりメジャーになりましたが、かつてそれが急激にブームになった頃、「西に黄色で財運アップ」などと聞き、「ホント?」と思ったものです。半信半疑ながら、とても人気だったこともあり、当時出版された本などもとりあえず読みました。

その頃はまだ独身だったので、占いや開運などにもすごく興味があったからです。個人的には、最初はそれほど信じていませんでした。ただ、「玄関を開けて真正面に鏡があるのはよくない」という記述を見てびっくり。私が当時住んでいた部屋はまさにその状態で、玄関ドアを開けると正面に鏡が掛けられていました。

真正面に鏡があると、入ってきた運気をはねかえすので、幸運に恵まれないというのです。たしかにドアを開けた瞬間に顔が映るというのは、夜など、訪問される方はちょっとドキッとするかもしれません。そこで、その鏡を外し、代わりに春の花が咲いている風景画の額があったので、それを掛けてみました。

単純に、「絵を掛けると雰囲気が変わっていいな」と思いました。ですがその後、一年もたたずに私の結婚が決まったのです。元々交際している人はいたものの、何となくタイミングがつかめずに結婚に踏み切れないでいたのですが、あれやこれやと状況が変わり、めでたく結婚の運びとなりました。

ふと思い出して、「鏡を外したからかな?」と友人に話したら、「それは風水のご利益だ!」とすっかり風水の生き証人扱いになってしまいました。それからは、風水への興味も増して、本もよく読んだりするようになりました。知れば知るほど、風水というのは生活に即した環境科学ではないのか…という思いが強くなりました。

日照や通風をしやすくし、スムーズな動線や心理的にも有効な家具の配置など、そうした経験的な知識を、昔の人は風水という形で伝えていこうとしたのではないでしょうか。占いという切り口であっても、そうした知恵の集積かもしれないと思えば、「占い?そんなの非科学的!」とひとことで拒絶してしまうのは、もったいないことかもしれませんね。

最近は、多くの占いサイトが出てきました。例えば、占い専用のアプリも用意されています。スマートフォンがあれば、そのアプリをダウンロードできます。一度ダウンロードしておけば、後は好きな時にいつもそのアプリを見られます。通勤途中のバスのなか、また会社の昼休み、そして外回りの休憩時に今後の運勢を見て参考にできます。

このように占いというのは、時に私たちに大きな希望を与えてくります。ひどく落ち込んでいる時に、希望の見えるコメントがあればとてもうれしくなります。占いというのは、そのような役割を担っているのではないでしょうか。そのなかに、電話占いがあります。

占い好きの人なかには、実際に行っている人もいるのではないでしょうか。これは普通のものと違って、電話を利用して占い師と話します。実際の利用料金は、サイト運営会社によって変わってきます。ですので、サイトを利用する前に、実際の料金を確認しておいてください。

そうしないと、相手の話につい夢中になり、後日高額料金を請求される事があります。しかし電話料金については、最近は無料通話アプリやかけ放題のサービスが出てきました。また電話料金を、サイトの運営会社が負担するところも増えています。ですので、利用者も電話料金を気にする事なく会話ができます。

その点については、心配ないでしょう。電話占いを始める時は、事前に占い師の方をサイトで選択できます。またサイトでは、写真付の自己紹介も掲載されています。ですので、それを見て相手を選択できます。

今までの占いの実績、また得意の分野など、多くの事が掲載されています。それゆえ、それをよく見て相手を選択してみてください。自分に合いそうな人を選択できれば、満足のいく回答を出してくれます。

新着情報

◆2015/10/19
私のお気に入りはタロットカードを用いて占ってくれる電話占い師の情報を更新しました。
◆2015/09/16
風水占いにみる科学的な一面の情報を更新しました。
◆2015/09/16
SNS経由で電話占いができてしまう便利な今の世の中を新規投稿しました。
◆2015/04/17
頼りになるべき電話占いのサイトが悪徳業者の可能性も存在するを新規投稿しました。
◆2015/03/30
運勢を知るのは電話占いでも十分を新規投稿しました。